電源用コネクタ

電源コネクタとは?

電源用コネクタとは、家庭環境および商用環境下で、通電を可能にするデバイスのことを指す。電源コネクタは、主電源に接続されて通電する。いかなる環境下でも、電気プラグの電圧とサイズは電源コネクタのタイプによって異なる。技術と汎用性の進歩によって、今では世界中に20種以上もの電源コネクタが存在すると推測されている。電源コネクタの形状とサイズは時間とともに変化してきており、古い建物に使われているタイプは現在のタイプとはかなり異なっていることがある。従うべき安全規定も刻々と変化しているため、古い建物に使われている電源コネクタは新しいものに比べると安全性が低い。

電源コネクタは、あらゆる場所の地下に設置されていることが多い、印加電気回路に接続して使うポータブルデバイスである。最も一般的な電源コネクタは、発電するためにコンセントに挿入して使用するプラグかソケットである。どのプラグにも、電気によって作動する物に通電するため、コンセントのスロットや穴にぴったり挿入できる突起部分がある。